MOCAL歯科経営出版 歯科経営参謀が贈る「院長の経営成功術」

Vol.35 医療法人社団三美会 藤生歯科センター 院長 脇田 雅人様

50代からでも遅くない!
脇田流「人生開拓法」~勇気、共力、挑戦~

¥9,800
カートに追加
  • 在庫あり
  • お届け日数:3~5日

「院長の経営成功術」定期購読の方は特別価格5,800円(税別)


全ての原因は院長にある!

院長が自ら変わらないと、周りが変わらない。

「スタッフ満足なしに患者さん満足はない」

その一言で私も家内も本当に雷で打たれたように衝撃を打たれ、うちが上手くいっていないのは、やっぱりここだということに、決定的に気付かされました。

 

このままではいけない。
自分の自己啓発と合わせて、今自分に足りないものは何か。

家内と一緒に5年間、毎週セミナーオタクのように、全国に行きました。

 


 

開業21年目にして医院改革を決意!歯切れのよい語り口から繰り出される数々の「成功と失敗」、そして歯科医師としての「幸福論」。〝凡事徹底〟を自ら実践する𦚰田先生の「自己変革」と「経営改革」における取組みには、誰もがすぐ実践できる具体的なヒントが満載です。人生遅くはない!いつからでも”変われる勇気”をもらえる1枚です!

特に、以下のような課題意識をお持ちの院長にお聴きいただきたい内容です。

 

 歯科医師として、充実感のある豊かな人生を送りたい!

 プロフェッショナル意識を持った人材を育てたい!

 団結力のあるチーム医療を実現したい!

 院長としてスタッフからの信頼と尊敬を勝ち得たい!

必死に走り続け、医院経営もようやく安定軌道に乗ってきたが、ふと「これが本当にやりたい形だったのかな?」と考えてしまうことはありませんか?

 

「自分のクリニックなのに、出勤するのに気が重い。楽しくない。」「診療が終わるとスタッフは急いで帰っていく」

「スタッフは言われたことしかやらない」

そんな違和感で、毎日ストレスを感じていませんか?

 

夢やビジョンに向かってチーム一丸となった、充実感のある職場をつくるために、何から変革することが必要なのでしょうか?

 

 

1.院長自身の変革

 

院長自身の変革なしに、周りが変わることはありません。まず自分が変わるための気づきと、その一歩を踏み出す勇気を持つことがもっとも大切なスタート点です。

 

 

2.時間の使い方

 

成功とは「良き習慣」であると言われます。そしてもっとも習慣化をしやすいのが「朝の時間」です。大きな労力をかけずに、毎日の習慣の中で、院長の自己啓発、スタッフ教育において確実な効果を生み出すことが出来ます。

 

 

3.プロフェッショナル意識を育てる

 

一人一人が「プロフェッショナル」としての自信と誇りを持って仕事をすることで、チーム医療は最大のパフォーマンスを発揮します。

この教材では、𦚰田雅人院長が、貴重な経験からつかみ取った次のような「マネジメントの智慧」を、たった60分で手に入れることができます!

 

1.主体的に動くことのできるスタッフ育成

まだ医院規模が小さいうちは、院長からスタッフへのトップダウンで医院が順調に回りますが、その裏で実は言われたらするだけの“受け身”スタッフをつくり上げてしまっています。それは徐々に院長とスタッフの間の目に見えない大きな溝となり、後に医院の大きな問題につながってきます。実際の体験と共に院長としての考え方や独自のスタッフ育成についてご紹介します。

 

 

2.院内システムを確実に稼働させる仕組みづくり

今からの歯科医院運営のポイントは、チーム医療のバランスをとること。一人一人が自信と誇りを持って仕事に取り組むことができるチームビルディングについてお話しします。

 

 

3.プロフェッショナル意識を醸成する習慣づくり

プロフェッショナル意識を醸成するためには、その医院に合わせた取り組みが必要であり、それをデザインし実行するのは院長です。藤生歯科センターが朝の時間を使い実践している数々の具体的取り組み事例をご紹介します。

 

 

4.凡時徹底から生まれる院長の器づくり

チーム医療の空気づくりにおいて、地味ではありますが、非常に大切なこと。まず院長自身を磨くことで、スタッフにも期待や役割を求めることが出来ます。𦚰田先生が30年間続けている毎朝の習慣をはじめ、数々の実践例をご紹介します。

 

 

5.歯科医師として成功するための勘所

歯科はトータルかかりつけ医として、子供から高齢者まで、生涯色んな形で関わることのできる職種です。医科、歯科の垣根を越えた、これからの歯科界の可能性と、歯科医師として人生を豊かに生きるための考え方や仕事観をお伝えします。

 

PROFILE

1986年、28歳の時に現岩国市にユニット5台で開業。1億円の借金と技工士3 名を抱えてのスタート、10年間必死に走り続け着実に人気医院をつくりあげてきた。しかし業績が軌道に乗る一方で、スタッフが定着しない、自分の医院のはずなのに息が詰まるという状況が重くのしかかり、開業から21年目に大きく舵を切ることを決意。その後、本腰を入れて、自己変革と経営改善の実践を続けてきた。現在では丹念に育て上げられたスタッフが一丸となった、機動力の高いチーム運営を実現。その他デンチャーについてのDVDの発刊など幅広く活躍している。

医療法人社団三美会 藤生歯科センター

CONTENT

TRACK.1 今月のテーマ&ゲスト紹介
TRACK.2 50歳からの再スタート!~第二の創業~
TRACK.3 院内システムを支える第三の力「デンタルマネージャーの存在」
TRACK.4 すぐ実践できる!プロフェッショナルを育成する習慣づくり
TRACK.5 凡事徹底!早起きと掃除から始める朝型活動のススメ
TRACK.6 「歯科“栄養”士」の可能性~オーソモレキュラー・デンタルとは~
TRACK.7 夫婦経営のコツ「奥さんと呼ばせない」
TRACK.8 人生、遅くはない!いつからでも変われる!